×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  羽毛布団»  羽毛布団 品質・中身の違い

羽毛布団 品質・中身の違い

羽毛布団 品質・中身の違い


テレビショッピングをふと見ていると、「高級羽毛布団がなんと19,800円」とか見ました。


高級?  19,800円が? 


高級とはどこからが高級なんでしょう?



羽毛布団の中身「ダウン」には、大きく分けますと、ダックダウン・グースダウン・マザーグースダウンとあります。
(アイダーダウンと言う、100万円以上のもありますが、これは置いといて・・・)





画像で比べてみましょう。


すぐに分かる事は、ダウンの「大きさ」が全然違いますよね。



1つ1つのダウンの毛と毛の間の空気が、温められて羽毛布団が暖かくなります。


ですので、ダウンが大きければ大きいほど、暖かい空気がいっぱいあり、「とても暖かいね、羽毛布団は」となります。


これが逆に、安価なダウンだと小さく全然暖かくなく、「羽毛布団なんて嫌い」と言う方もおみえです。



品質表示もよく見てみてください。

「ダウン50%以上で羽毛布団と言われますが、なんと85%使っています」なんてコメントありますが、

専門店ですと、93%が当たり前ほとんどです。


重量も確認を。

本当に高品質ですと、1.1kgとかありますが、1.3kgくらいが平均です。


量を多く入れて(例えば1.5kgなど)膨らみを出そうとしていたり、1kg未満と少なかったり。



側生地もとても大事です。

カバー掛けるから生地なんてって思われていませんか?


寝ていると一晩にコップ一杯から二杯の汗をかいています。

ポリエステル素材など汗を吸わない素材ですと、湿気がたまりベタ濡れています。(カバーにも言える事です)


ですので、側生地は綿100%がいいですね。
(綿生地でもいろいろランクがございますので・・・・これはまた後日)



ただ、お家・お部屋の環境にもよります。

気密性のいいお部屋ですと、逆に暑くて仕方がないと言われる方も。

そんな時は、ダウンの量を減らした合い掛けを使用したり、二枚重ねタイプの羽毛布団を使用したり調整もしております。



国はどこがいいとか、メーカーはどこがいいとか、お店やスタッフによって違います。


それに、金額が高ければ良いのが買えるに決まっています。


お店によって、めちゃくちゃこだわっているのは分かりますが、お客様すべてが購入出来ればいいが違います。

ご予算があるはずなので、そこを頑張ってお客様のご要望に近づけるのも大切なのでは無いでしょうか?


買えないのなら、当店ではそれ以降は無いのでって・・・・・


高級車皆さんが乗っていますか? 軽自動車もありますよね。

軽自動車でも性能が良いのがたくさんあります。


同じように、お値打ちでも良い羽毛布団(商品)をおすすめする事も、お客様への対応(こだわりの1つ)ではないでしょうか・・・。





#羽毛布団 #羽毛布団選び方 #羽毛布団おすすめ 






 

2020-02-13 17:50:22

羽毛布団   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

CONTENTS

CATEGORY

SURVICE

ぎふっこカード


▲わた勇は、岐阜県のすすめる「子育て家庭応援キャンペーン事業」子育て家庭にやさしい社会づくり~に協賛しています。

当店にご来店のうえ上記のカードをご提示の方は全商品10%OFFでお買物をして頂けます。
(ただし、クレジットカードでの支払い、他割引との併用は不可とさせて頂きます。)